営業コストを削減できるeラーニング!

営業マンを育成できるeラーニングの活用方法

営業マンとしてのスキルを高めるにあたり、e-ラーニングを用いた研修制度が導入されている企業が増加しています。特に、ルート営業や電話営業などのそれぞれのシーンに適したノウハウを習得するうえで、評判の良いe-ラーンニングの学習教材を用いることが大事です。例えば、大手企業の法人営業部において、トップセールスを記録した営業マンが手掛けたe-ラーニングの教材に関しては、全国の民間企業の間で普及し始めており、効率よく商品やサービスを紹介するポイントをつかむうえで最適です。なお、e-ラーニングの教材の選び方にこだわるにあたり、従業員のこれまでの経験に応じて、営業の仕事への興味を引き出すことのできるようなものを探すことが肝心です。

e-ラーニングの学習効果を測定するには

e-ラーニングは、営業トークや対人コミュニケーションのスキルを磨くために、有意義なツールとして扱われることがあります。特に、新卒や中途採用の営業スタッフを対象としてeラーニングを取り入れるうえで、学習期間の長さやカリキュラムの内容を重視することが大切です。また、人事担当者がe-ラーニングの学習効果を管理するにあたり、定期的に研修中のスタッフと面談を行うことが有効です。e-ラーニングの利用シーンは、各企業の事業内容や従業員の実務経験などに応じて工夫をすることが大切です。なお、優秀な営業スタッフを短期間で育て上げるために、営業職の基本的な知識や、客先でのマナーを重点的に学べるツールを選定することがコツです。